アイデアノート

主にポケモンについて書きます。

自己紹介

皆さんこんにちは。「orion」と申す者です。

 
ポケモンポケットモンスターXから始め、ポケモンORASでガチ勢化し、ポケモンUSUMでレートデビューしました。USUMシングルレートの最高レートは1937です。
剣盾でレート2000を達成しました!
 
 
Twitterもやってます
@orion_poke
 
良かったらチャンネル登録お願いします!
改めて皆さんよろしくお願いします。

【チャンピオンリーグ最高1742最終1712(104位)】トドカイバンギサイクル

f:id:orion_poke:20220927220520p:image

こんにちは。orionです。チャンピオンリーグで使用した構築について書きます。最終1桁かレート1800に行きたかったですがレート1742までしか行けず最終レートはこれよりも低くなりました。(この時35位だったので保存しなかった) 

 

【構築経緯】

受けループを使おうと思ったので受けポケモンを採用

カイリュー

エスバ等受け

エアームド

カイリューガブリアス等受け

トリトドン

草技がないドラパやメタグロス等受け

バンギラス

特殊受け

【バリコオル】

ラプラス受け

受けだけだとトゲキッスが重いのでトゲキッスに強く出れるチョッキメタグロスを採用。重いパルシェンも見れる。

 

【使用構築】

f:id:orion_poke:20220927235620j:image

 

【構築紹介】

メタグロス@とつげきチョッキ(クリアボディ、意地っ張り)

f:id:orion_poke:20220927220313j:image

H244A252S12

A特化、S4振り70族抜き(ミラー意識)

アイアンヘッド/れいとうパンチ

かみなりパンチ/じしん

 

【ダメージ計算】

・C特化珠トゲキッスの大文字媒体のダイバーンを最高乱数以外耐え

・C特化珠トゲキッスの大文字媒体のC+2ダイバーンをダイマ状態で最高乱数以外耐え

・C特化トゲキッスのC+2かえんほうしゃを確定耐え

 

トゲキッス意識で採用した。6体受けにするならパルシェン意識でこの枠はミロカロスだがそれだとトゲキッスに弱いのでメタグロスを採用した。パルシェンに強いのもグッド。

技範囲が広く使いやすかった。ダイスチルとダイアースで両耐久を上げることができ、元々Bが高くてチョッキ持ちなので物理特殊共に耐久が高く、A特化で実数値205で火力もあって強かった。受けポケモンダイマを切るとあまり火力が出ないの弱いが、このポケモンは火力があるのでダイマ枠として受け構築と相性が良かった。

 

カイリュー@あつぞこブーツ(マルチスケイル、腕白)

f:id:orion_poke:20220927225857j:image

H212A92B204

ギャラドス意識調整(ダメージ計算の所で分かる)

ダブルウイング/かみなりパンチ

かえんほうしゃ/はねやすめ

 

【ダメージ計算】

【攻め】

・ダイサンダーでB4振りダイマギャラドスを75%で1発

かえんほうしゃでH振りエアームドを90.2%で2発

 

【受け】

・陽気A振りA+1珠ギャラドスのダイジェット+ダイマ後にダイジェットを確定耐え

・陽気A振り珠A+1ギャラドスのダイジェットがマルチスケイル込みで羽休めで受かる

 

エスバギャラゴリラ等受け。

ギャラドスに対して強く出れるのが良かった。かえんほうしゃはステロを撒いてくるエアームドへの打点として採用した。

 

エアームド@ゴツゴツメット(頑丈、腕白)

f:id:orion_poke:20220927232145j:image

H252B236S20

B11n

準速ドサイドン、S4振りメタグロス抜きメタグロス(S92)抜き

アイアンヘッド/ボディプレス

てっぺき/はねやすめ

 

カイリューガブリアス等受けとして採用した。アイアンヘッドはドラパルトへの打点として採用した。

 

トリトドン@たべのこし(よびみず、図太い)

f:id:orion_poke:20220927232520j:image

H252B172D84

HP最大、B252振り(B11n)だとDに4しか振れないのでB172(11n)調整、余りD

 

ねっとう/れいとうビーム

あくび/じこさいせい

 

ドラパルトやメタグロス等受け。パーティのエースだった。あくび+食べ残しの相性が良く、弱点が草しかないので使いやすく活躍してくれた。ねっとうはエアームドへの打点(だいちレイビにして羽休めのタイミングでだいちでも良かった)、れいとうビームガブリアス等に打つ技として採用した。

 

バンギラス@ロゼルのみ(慎重、すなおこし)

f:id:orion_poke:20220927233126j:image

H196A68B4D236S4

C+2C特化トゲキッスのダイフェアリーをダイマ状態で1発目ロゼル発動→2発目通常を砂込みで耐え

D11n、ミラー意識S4振り、Aは出来るだけ高く、余りB

 

ロックブラスト/かみくだく

でんじは/ステルスロック

 

特殊受けとして採用した。リザードンサザンドラに強いのが良かった。有利対面でステロを撒いて相手のサイクルに負荷をかけれるのが強かった。

 

⑥バリコオル@ばんのうがさ(穏やか、バリアフリー)

f:id:orion_poke:20220927233827j:image

H252C20D236

フリーズドライ/リフレクター

でんじは/なまける

D11n、フリーズドライでH振りトリトドン(h218-d102)を75%で1発

 

見せポケモン

ラプラス受け。ばんのうがさはラプラスのダイストリーム意識で採用した。ラプラスメタグロスバンギラスで対処出来たので多分1回も選出してない。

 

【結果】

最高レート1742/最終レート1712(最終104位)

32-12(回線切れ3)

f:id:orion_poke:20220927234416j:image

↓最高レートの時

f:id:orion_poke:20220927234425j:image

 

【感想】

最終2桁に残れなくて悔しい。1戦残しだったので午前2時くらいに時点で85位?で潜るのをやめたが、その後の朝順位を確認すれば良かった。

 

【Special Thanks】

受け構築を教えてくださったたかひろさん

 

【宣伝】

Youtubeやってるので良かったら見て下さい!

Youtubeのチャンネル↓

orion - YouTube

今後チャンピオンリーグの対戦集を投稿しようと思ってます

 

【ピカチュウ対戦チュウ!最高1770最終1711(最終67位)】先制ピカライアタック

f:id:orion_poke:20220821142454p:image

こんにちは、orionです。ピカチュウ対戦チュウ! で使用した構築について書きます。最終的にはレートを溶かしてしまいましたがレート1700↑で終わることは出来ました。

 

【構築経緯】

ピチューピカチュウはもちろん確定。

②原種ライチュウアローラライチュウの選択についてはライチュウの方が攻撃種族値と防御種族値が「5」ずつ優れていて、あなをほる環境では原種ライチュウの方が優れていたので採用。

③上を取れれば強いと思ったので最速での採用にした。

 

【使用構築】

f:id:orion_poke:20220818223803j:image

 

【構築紹介】

ピチュー@きあいのタスキ(ひらいしん、陽気)

f:id:orion_poke:20220818223658j:image

AS252B4

ねこだまし/のしかかり

じたばた/アンコール

低耐久+タスキ+じたばたの相性がいいので持ち物はタスキにした。

ピチューは先制技のでんこうせっかとフェイントを覚えないので優先度+3のねこだましが役に立った。最速にすることで同速負けしなければ相手の襷ピチュー(耐久がない)をねこだまし+のしかかりで倒すことが出来るのが偉かった。

のしかかりは身代わり持ちのアローラライチュウの身代わりを壊せるように採用し、じたばたは最大打点として採用。

アンコールはライチュウが身代わりや積み技をしてきた時に相手の行動を縛れるように採用したが、ライチュウの上を取れないので身代わりや積み技でアンコールを押すのがリスキーになるのが弱かった。

こらえるが無いことについては、ライチュウの初手ダイマから展開していき相手のダイマターンを1ターン使わせてからピチューを着地させればいいと思っていたが、ピチュー対面でダイマを切られた場合にダイマを切られた場合に相手のダイマターンが終わらずにピカチュウライチュウを出す展開が出来てしまうのでアンコールはこらえるにするべきだった。

じたばた意識で余りはBに降らずに耐久を下げるべきだった。(耐久を下げずにB4振りにするとA無振りピチューねこだまし+のしかかりを2連最高乱数以外耐えるという話はあるが)

初手に出すとピカチュウライチュウねこだまし+攻撃で簡単に倒されてしまうのが弱い為途中からは初手にライチュウを投げまくった。

 

ピカチュウ@でんきだま(ひらいしん、陽気)

f:id:orion_poke:20220818223704j:image

AS252B4

あなをほる/のしかかり

ねこだまし/フェイント

上から動けるのが強いのでピカチュウも最速で採用した。

技構成は全員の弱点を突けるあなをほる、身代わりアローラライチュウに起点にされない為ののしかかり、先制技のねこだまし+フェイントを採用した。

優先度の高さを重視してでんこうせっかよりも優先度の高いフェイントにした。

ねこだまし+フェイントで見れる範囲が広いのが優秀だった。ねこだましでんこうせっかなら相手のB4振りASピカチュウを高乱数で倒すことが出来るのでフェイント採用は一長一短であった。

相手のラストが耐久を落とした襷じたばたピチューだとじたばたで倒されてしまうのでドレインキッスかうたうを採用するべきだった。

 

ライチュウ@シュカのみ(ひらいしん、陽気)

f:id:orion_poke:20220818223708j:image

AS252B4

あなをほる/かわらわり

ギガインパクト/フェイント

 

ライチュウも最速で採用。3匹とも同じ調整で採用した。

ピカチュウと同じ意図で全員の弱点を突けるあなをほる、ダイナックル媒体のかわらわり、高火力のギガインパクト、先制技のフェイントを採用した。

ライチュウは素早さがピカチュウより速く、ライチュウと対面した場合でも悪くても同速勝負(ただしスカーフ等は除く)の展開に持っていくことが出来るのでピカチュウライチュウに対しての初手投げが安定し(ただしライチュウに上から甘えるをされるときつい。ピチューが出てきた場合はダイマした場合はダイマターンが勿体なくてダイマしない場合はじたばたが怖いので引く)

ギガインパクトはダイナックルを打った後の高火力打点として役に立った。(あなをほるはシュカのみで半減されてしまうのでリスキーかもしれないがホズのみ持ちは多分当たらなかったのでギガインパクトで良かった)また、高速移動をしてから穴を掘るをしようとしてくるポケモンに刺さった。

初手ダイマを切ることでねこだましに対応することが出来るので立ち回りとして強かった。

 

【立ち回り】

初手にライチュウを出す

→相手がAライチュウorライチュウなら基本的には初手ダイマしてダイアタック

→初手ピカチュウなら初手ダイアース

→相手がピチューならピチューに引く(襷じたばた意識)その後ねこだまし+のしかかり

 

ピチューに即後投げされてこらえるでダイマを枯らされても倒すまでにダイナックルを2回打てる

→その後ライチュウorAライチュウが来てもA+2ギガインパクトで大ダメージで与えられて裏のポケモンで倒せる

 

Aが上昇していないとダイマが終わった後のHBライチュウ、HBアローラライチュウ、HBピカチュウがきつかったです。

 

【結果】

最高レート1770/最終レート1711(最終67位)

32-13(回線切れ2(その内ほぼ負け1)、ソフトエラー負け1)

f:id:orion_poke:20220821143639j:image

f:id:orion_poke:20220821143631j:image

 

 

【感想】

レート1800に乗れなかったので悔しい。

27勝6敗でレート1767まで行けた所は良かったが、31勝9敗(残り5戦、レート1770)からソフトエラー落ち(しかもかなり相手がレート下)込みで4連敗してしまったのが悔しい。(ラスト2戦勝ててマッチングが悪くなければ1740はあったはず)

この4連敗でレート-72でレート1700を切ってしまったが最終戦で勝てたのでレート1700↑で終わることができ、順位は日曜日の23時過ぎに瞬間65位で最終2桁には残れそうだったので良かった。

 

【宣伝】

Youtubeやってるので良かったら見て下さい!

ピカチュウ対戦チュウの対戦集作りました

ピカチュウ対戦チュウ!対戦集1【ポケモン剣盾】 https://youtu.be/Q0cYRFCSSf0 

ピカチュウ対戦チュウ!対戦集2【ポケモン剣盾】 https://youtu.be/_tGVuiRojdk

Youtubeのチャンネル

orion - YouTube

【S32最高195×最終1852(447位)】イベルダイナアマガ

S32お疲れ様でした。S32ではエアームドをアーマーガアに変えて潜りました。

f:id:orion_poke:20220802225152p:image

f:id:orion_poke:20220802225157j:image

 

【構築紹介】

イベルタル@命の珠(ダークオーラ、意地っ張り)

f:id:orion_poke:20220802225440j:image

AS252D4

 

イカサマ/ゴッドバード

はがねのつばさ/ねっぷう

 

【ダメージ計算】

・ダイアーク

無振りムゲンダイナを確定1発

H振りホウオウを確定1発

 

イカサマ

陽気ASランド(h164-a197-b110)をイカサマで確定1発

 

・ダイジェット

無振りカイオーガを確定1発

無振りレヒレを確定1発

 

・ダイスチル

H252振りバンギラスに87.9%〜104.3%(25%で1発)

無振りゼルネアスを確定1発

 

・ダイバーン

晴れ下ダイバーンでH振りザシアン(h199-d135)を81.2%で1発

HD特化ナットレイを確定1発(アークの場合は乱数1発)

 

☆複数回攻撃

・ダイジェット+ダイバーンでH振りザシアン(h199-d135)を確定で倒せる

・ダイジェット2回+珠ダメ1回で無振り珠ダイマイベルタルを73.05%で倒せる

・ダイジェット2回+珠ダメ2回で無振り珠ダイマイベルタルを98.44%で倒せる

・ダイジェット(77〜90)+ダイマ終了後イカサマ(125〜148)でHA意地ザシアン(h199-a244-b135、攻撃1段階上昇状態)を確定で倒せる

 

前期と同じ両刀型で採用した。物理メインでありながら後出しザシアンをダイジェット+ダイバーンで倒すことが出来るのが強い。

イベルダイナ+受けの並びで物理型だと思ったのか知らないがイベルタルにザシアンを後投げしてくる人が一定数いたので熱風媒体のダイバーンが役に立った。

ラッキーとアーマーガアがミミッキュに打点がないので皮剥がし+もう1発攻撃が出来るダブルウイングが欲しくなる時はあった。

電磁波身代わりルギアを倒せるように挑発を入れてもいいかもしれない。

イカサマはザシアンへのダメージが高い上にアタッカーASランドをワンパン出来るのが強かった。

 

②ムゲンダイナ@くろいヘドロ(プレッシャー、図太い)

f:id:orion_poke:20220803213620j:image

H124 B228 C4 D4 S148

【調整意図】

HB→ B+0ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざん+B+1ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざんをヘドロ回復込みで82.03%で耐え(急所に当たらなければ対面からA+1ザシアンのきょじゅうざんが82.03%で受かる)

H→8n-1(ステロ意識)

S→最速サンダー抜きムゲンダイナ抜き(最速霊獣ボルトロス抜き)

 

【ダメージ計算】

・D+2でヘドロ込みで臆病C252振りムゲンダイナのダイマックス砲が確定3発

・D+1でC特化カイオーガれいとうビームが確定3発

・B+1でA特化珠イベルのダイジェット(35.4〜42.4%、ダブルウイング媒体)+ダイアーク(47.1〜55.8%)を確定耐え

→B+1で物理型珠ダイマイベルに対して対面からなら回復が間に合う

・B+1で陽気A振りランドロス(A197)の地震が確定3発

かえんほうしゃで無振りザシアンを確定2発(50.2〜59.8%)

・コスモパワー1積み(B+1、D+1)で黒バドレックスの臆病C252振りアストラルビットとサイコショックが確定3発

 

コスモパワーで要塞化していくポケモン。今期はSを1上げて最速サンダー抜きムゲンダイナを抜けるようにした。

ステルスロック意識でHPは8n-1にした。

相手にステルスロックを撒かれてしまうと、コスモパワーでサンダーの珠ダイジェットが高確率で受からなくなってしまうのでそこが難点だった。

 

③ラッキー@しんかのきせき(図太い、自然回復)

f:id:orion_poke:20220802233105j:image

BD252H4

 

ちきゅうなげ/でんじは

ステルスロック/タマゴうみ

 

【ダメージ計算】

C特化珠イベルタルの悪の波動媒体ダイアーク+D-1ラッキーに悪の波動媒体ダイアークを確定耐え

 

今期も特殊受けとして採用した。前期はステロの枠を瞑想で採用していたがステロ+ゼルネアスに勝てる瞑想よりもステロの方が汎用性が高いのでステロに戻した。

 

④アーマーガア@オボンのみ(腕白、ミラーアーマー)

f:id:orion_poke:20220803213627j:image

HB252S4

S下降日食ネクロズマ抜き

 

前期との変更点。今まではこの枠はエアームドで使っていたが、ミラーアーマー+挑発で火力のないマジフレダイナ+ゴチルゼルを見れるので採用した。エアームドと比べて特殊耐久が高く、アシパ日ネクへの安定度が増した。

エアームドとアーマーガアを両刀使ってみて思ったことを書いてみる。

エアームド

長所 

・ボディプレスの威力が高い

・特性頑丈による行動補償がある

ステルスロックを撒ける

・アーマーガアより若干物理耐久が高い

短所

・特防が低い

 

アーマーガア

長所

エアームドより種族値が高い

・特防がエアームドと比べて高い

・ミラーアーマーで能力ダウンを跳ね返せる

 

短所

ステルスロックを撒けない

エアームドと比べてボディプレスの威力が低い

どちらも似た性能であるがS下降瞑想アシパ日ネクへの安定感を増すならアーマーガア採用がいいと思った。

 

ヌケニン@きあいのタスキ(さみしがり、ふしぎなまもり)

f:id:orion_poke:20220803213102j:image

AS252

ポルターガイスト/かげうち

おにび/こらえる

ザシアンカイオーガヒレレジエレキゼルネアスラプラスジガルデ白バドレックス等受け。

幅広い受け範囲で色々な場面で役に立った。

 

メタモン@こだわりスカーフ(のんき、かわりもの)

f:id:orion_poke:20220803213119j:image

HB252D4(相手のメタモンに物理イベルタルをコピーされて、こちらのメタモンがいらなくなった時にA特化ダイジェット(ゴッドバード媒体)を43.75%で耐えられるようにHB特化にした個体を使っていた)

 

へんしん

 

コスパダイナと組み合わせることでヌオー入りではない剣舞ザシアンにも強くなる。

初手に投げて相手の技を確認することで型判定が出来て強かった。(例えば黒バドならトリックがあればスカーフかメガネ、わるだくみがあればタスキと推測出来る)

 

【最終結果】

TN orion

最高レート195×(多分)/最終レート1852(447位)

↓最高はここから1勝(1956くらいだと思います)

f:id:orion_poke:20220803212704j:image

最終レート

f:id:orion_poke:20220803212707j:image

 

【宣伝】

Youtubeで動画投稿(主にポケモン)を行っているので良かったら見に来て下さい!

(チャンネル登録お願いします!)

orion - YouTube

 

Twitterをやってるので良かったらフォローどうぞ

@orion_poke

orion (@orion_poke) / Twitter

 

 

 

 

 

【S31最終59位】コスパダイナメタモン

 

S31お疲れ様でした。最終的な並びは今までと同じで禁伝2体ルールでは5シーズンとも最終的な並びは同じです。

f:id:orion_poke:20220702203109p:image

f:id:orion_poke:20220702193648j:image

 

【構築紹介】

イベルタル@命の珠(ダークオーラ、意地っ張り)

f:id:orion_poke:20220702203252j:image

AS252D4

 

イカサマ/ゴッドバード

はがねのつばさ/ねっぷう

 

【ダメージ計算】

・ダイアーク

無振りムゲンダイナを確定1発

H振りホウオウを確定1発

 

・ダイジェット

無振りカイオーガを確定1発

無振りレヒレを確定1発

 

・ダイスチル

H252振りバンギラスに87.9%〜104.3%(25%で1発)

無振りゼルネアスを確定1発

 

・ダイバーン

晴れ下ダイバーンでH振りザシアン(h199-d135)を81.2%で1発

HD特化ナットレイを確定1発

 

☆複数回攻撃

・ダイジェット+ダイバーンでH振りザシアン(h199-d135)を確定で倒せる

・ダイジェット2回+珠ダメ1回で無振り珠ダイマイベルタルを73.05%で倒せる

・ダイジェット2回+珠ダメ2回で無振り珠ダイマイベルタルを98.44%で倒せる

・ダイジェット(77〜90)+ダイマ終了後イカサマ(125〜148)でHA意地ザシアン(h199-a244-b135、攻撃1段階上昇状態)を確定で倒せる

 

前期から技を3つ変えて使用した。

悪技枠…うっぷんばらし→イカサマ

飛行技枠…ダブルウイング→ゴッドバード

いわなだれ→ねっぷう

 

珠A特化で鋼の翼を採用してバンギラスに対して強くしつつ、熱風を採用することで後出しザシアンに強く出来るようにした。

熱風を採用したことにより、後出しザシアンに対してダイジェットから入ればでんこうせっかを除く攻撃を受けずに上からダイバーンで倒すことが出来るのが強い。

また、イカサマはザシアンへのダメージが高いのが強く、A+1ザシアンに対してはダイジェットよりダメージが入る。

ゴッドバード+ねっぷうの採用により、イベルザシアンや黒バドザシアンに対して強くなった。出す場合はザシアン以外の対面でダイジェットを打てる時に打っていく。(後出しザシアンに対してダイスチル+ダイバーンで倒す方法もある)

ダブルウイングをゴッドバードにする弊害は1ターンでミミッキュの皮を剥がす+さらにもう1発攻撃が出来ないことや身代わりエルフーンの処理が面倒なことだが、特に問題無かった。

悪タイプのおかげでいたずらごころポケモンの電磁波が効かないのが偉い。(オーロンゲ等)

 

②ムゲンダイナ@くろいヘドロ(プレッシャー、図太い)

f:id:orion_poke:20220702222631j:image  

H140 B228 S140

【調整意図】

HB→ B+0ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざん+B+1ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざんをヘドロ回復込みで85.94%で耐え

S→最速サンダー抜き

 

ダイマックス砲/かえんほうしゃ

コスモパワー/じこさいせい

 

【ダメージ計算】

・臆病珠サンダー(C177)のダイジェットをD+1(コスモパワー1積み)状態でヘドロ回復込みで94.53%(256分の242)で耐え

・D+2で臆病C252振りムゲンダイナのダイマックス砲が確定3発

・D+1でC特化カイオーガれいとうビームが確定3発

・B+1でA特化珠イベルのダイジェット(35.1〜42.0%、ダブルウイング媒体)+ダイアーク(46.7〜55.3%)を確定耐え

→B+1で物理型珠ダイマイベルに対して対面からなら回復が間に合う

・B+1で陽気A振りランドロス(A197)の地震が確定3発

かえんほうしゃで無振りザシアンを確定2発(50.2〜59.8%)

・コスモパワー1積み(B+1、D+1)で黒バドレックスの臆病C252振りアストラルビットとサイコショックが確定3発

 

コスモパワーを入れてメタモンと組み合わせると強いポケモン

コスモパワーを打つと交代して出てきた黒バドがトリックを打ってくれることがあるので、そのターンに突っ張ったりイベルタルを出したりすることでスカーフ以外のアイテムを黒バドに渡し、その後相手にスカーフを渡さずにメタモンでコピーすることで100%上を取れる。D+0状態でコスモパワーを積む場面で黒バドに引かれたとして、その次のターンにダイフェアリーを打つのはリスクが高く打ちにくいのでイベル投げがかなり安定する。イベルを投げた後にダイジェットを打てば後出しザシアンに対応出来る。(相手のパーティが黒バドザシアンの時)

 

③ラッキー@しんかのきせき(図太い、自然回復)

f:id:orion_poke:20220702223902j:image

BD252H4

 

ちきゅうなげ/でんじは

めいそう/タマゴうみ

 

【ダメージ計算】

C特化珠イベルタルの悪の波動媒体ダイアーク+D-1ラッキーに悪の波動媒体ダイアークを確定耐え

 

高特殊耐久の特殊受け。途中までは性格を穏やか(B252D244S12)にして使っていたが、ヌオーの枠がヌケニンに変わったことにより珠C特化カイオーガの対策が出来るようになったので性格を図太いにした。

瞑想はヌケニンではきついステロ+ゼルネアスや天候ダメポケモン(カバルドン等)+ゼルネアスにも勝てるように採用した。

副産物として身代わりパワフルハーブメテビダイナや地球投げで身代わりが壊れない身代わり瞑想カイオーガやHB瞑想アシパメテドラ回復技の日ネクに強くなった。

輝石B特化でHPが326なのである程度物理も見れて偉い。

 

エアームド@オボンのみ(腕白、がんじょう)

f:id:orion_poke:20220702231341j:image

H252B236S20

S4振りエアームド抜き日ネク抜き(準速ドサイドン抜き)

 

ボディプレス/てっぺき

ちょうはつ/はねやすめ

 

ランド日ネクバンギラスゴリランダードサイドン等受け。

今期も挑発を採用した。瞑想アシパ日ネクは瞑想ラッキーでも大体見れるが瞑想アシパ日ネクと物理型日ネクに両対応出来るラキムドーの選出が日ネク入りに対して必ずしも出来る訳ではないので挑発を採用。

アシパワンウェポンゴチルゼルに上から打つことで対策出来るのが強い。ナマコブシやじしんワンウェポンのカバルドンを対策出来る。なので使える場面は瞑想アシパ日ネクに対して打つ場面以外にもあり、有能な技である。

 

ヌケニン@きあいのタスキ(さみしがり、ふしぎなまもり)

f:id:orion_poke:20220702225619j:image

AS252

ポルターガイスト/かげうち

おにび/こらえる

ザシアンカイオーガヒレレジエレキゼルネアスラプラスジガルデ白バドレックス等受け。

途中まではヌオーを使っていたがヌケニンの方が役割対象が広い為採用。

Gヒヒダルマのつららおとしを透かしたり白バドを対策出来るのが強い。珠オーガも対策出来る。

 

メタモン@こだわりスカーフ(のんき、かわりもの)

f:id:orion_poke:20220702225932j:image

HB252D4(相手のメタモンに物理イベルタルをコピーされて、こちらのメタモンがいらなくなった時にA特化ダイジェット(ゴッドバード媒体)を43.75%で耐えられるようにHB特化にした個体を使っていた)

 

へんしん

 

ザシアンをコピー出来ると強いポケモン

ランドロスに後投げすればじしん(ダイアース)を透かせる上に黒バドやザシアンにも役割を持てるのでエアームドを出せなくてもランドロスに対抗出来た。初手にランドロスと対面すればいかくが入った後に変身して相手にいかくが入るので一方的に相手の攻撃を1段階下げることが出来る。

 

【最終結果】

TN いろは

最終59位(最高最終2003)

f:id:orion_poke:20220702230539j:image

 

【宣伝】

Youtubeで動画投稿(主にポケモン)を行っているので良かったら見に来て下さい!

(チャンネル登録お願いします!)

orion - YouTube

 

Twitterをやってるので良かったらフォローどうぞ

@orion_poke

orion (@orion_poke) / Twitter

 

受けループのLINEオープンチャットもやってるので良かったら入って下さい!!

オープンチャット「【ポケモン剣盾】受けループ研究会」

LINE OPENCHAT

【S30最高1910/最終1874(383位)】イベルダイナメタモン

S30お疲れ様でした。最終的な並びは今期も同じです。

f:id:orion_poke:20220603175057p:image

f:id:orion_poke:20220602231303j:image

 

【構築紹介】

イベルタル@命の珠(ダークオーラ、意地っ張り)

f:id:orion_poke:20220603133446j:image

AS252D4

 

うっぷんばらし/ダブルウイング

はがねのつばさ/いわなだれ

 

【ダメージ計算】

・ダイアーク

無振りムゲンダイナを確定1発

 

・ダイジェット

無振りカイオーガを確定1発

無振りレヒレを87.5%で1発

 

・ダイスチル

H252振りバンギラスに87.9%〜104.3%(25%で1発)

無振りゼルネアスを確定1発

 

・ダイロック

H振りダイマホウオウを確定1発

 

いわなだれでHB特化ホウオウを43.7%で1発

 

ダイジェット+ダイロックで耐久無振りダイマイベルタルを珠ダメ1回込みで確定で倒せる

 

今期も4ウェポンのフルアタ型で採用した。物理型で広範囲の技範囲にすることで一般的な型の特殊イベルタルが苦手とするラッキー、バンギラス、ホウオウに強いのが偉い。その為、いわなだれ媒体のダイロックが便利で、ホウオウ対策以外にも、砂を起こす事で襷Gヒヒダルマを1ターンで倒すことが出来たり、化身ボルトロスのまけんきを気にせずに攻撃することが出来たりして強かった。

悪技はうっぷんばらしか不意打ちで選択で、うっぷんばらしは受けポケモンや特殊ポケモンや後出し霊獣ランドロスへの火力が高いがザシアンへの火力がイカサマよりも低く、イカサマはザシアンへの火力が高いが受けポケモンや特殊ポケモンへの火力がうっぷんばらしより低いのでどちらも一長一短である。

 

②ムゲンダイナ@くろいヘドロ(プレッシャー、図太い)

f:id:orion_poke:20220603124025j:image

H140 B228 S140

【調整意図】

HB→ B+0ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざん+B+1ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざんをヘドロ回復込みで85.94%で耐え

S→最速サンダー抜き

 

ダイマックス砲/かえんほうしゃ

コスモパワー/じこさいせい

 

【ダメージ計算】

・臆病珠サンダー(C177)のダイジェットをD+1(コスモパワー1積み)状態でヘドロ回復込みで94.53%(256分の242)で耐え

・D+2で臆病C252振りムゲンダイナのダイマックス砲が確定3発

・D+1でC特化カイオーガれいとうビームが確定3発

・B+1でA特化珠イベルのダイジェット(35.1〜42.0%、ダブルウイング媒体)+ダイアーク(46.7〜55.3%)を確定耐え

→B+1で物理型珠ダイマイベルに対して対面からなら回復が間に合う

・B+1で陽気A振りランドロス(A197)の地震が確定3発

かえんほうしゃで無振りザシアンを確定2発(50.2〜59.8%)

・コスモパワー1積み(B+1、D+1)で黒バドレックスの臆病C252振りアストラルビットとサイコショックが確定3発

 

コスモパワーを積むことで超耐久になるポケモン。コスモパワーによってBもDも上げれるので、見れる相手が多く選出しやすかった。

剣の舞がないザシアンを基本的には受けることが出来るが、剣の舞があるザシアンはメタモンでコピーして対策しなければいけなくて、その際に相手のパーティにヌオーがいた場合はヌケニンを出さなければいけないが、さらに相手のパーティに天候要員がいた際にヌケニンで対策することが難しいのがきつかった。(黒バドザシアン+メタモン受けのバンギ+ヌオーの並び)

 

③ラッキー@しんかのきせき(図太い、自然回復)

f:id:orion_poke:20220603133555j:image

BD252H4

 

ちきゅうなげ/でんじは

ステルスロック/タマゴうみ

 

【ダメージ計算】

C特化珠イベルタルの悪の波動媒体ダイアーク+D-1ラッキーに悪の波動媒体ダイアークを確定耐え

 

特殊受け。ステルスロックは裏に削りを入れれて、電磁波はイベルタルやザシアンに入れてムゲンダイナで上を取りにいけるのが強い。

黒バドに打点を持てて、襷だった場合に削りを入れれるようにシャドーボールを採用するのもありだと思う。

 

エアームド@オボンのみ(腕白、がんじょう)

f:id:orion_poke:20220603165212j:image

H252B236S20

S4振りエアームド抜き日ネク抜き(準速ドサイドン抜き)

 

ボディプレス/てっぺき

ちょうはつ/はねやすめ

 

ランド日ネクバンギラスゴリランダードサイドン等受け。

今期はアイアンヘッド→挑発で採用した。挑発を採用した理由は、瞑想アシパ(コスモアシパ)日ネクを対策する為で、メテドラアシパ瞑想(コスモ)半分回復技の技構成の日食ネクロズマは、Sに下降補正をかけている為上を取ることが出来る。そして、耐久調整である為特殊火力が無くエアームドでも受けることが出来た。

 

ヌケニン@きあいのタスキ(さみしがり、ふしぎなまもり)

f:id:orion_poke:20220603165855j:image

AS252

ポルターガイスト/かげうち

おにび/こらえる

ザシアンカイオーガヒレレジエレキゼルネアスラプラスジガルデ白バドレックス等受け。

 

ザシアン受け。ジガルデやゼルネアスを見れるのが偉い。氷の一貫を切ったり、襷+こらえるで相手のダイマターンを2ターン使わせてから裏を展開出来たりするのが強かった。

HPがある程度残っているミミッキュのいたみわけのタイミングに出すと相手のHPを減らせるのが強い。

 

メタモン@こだわりスカーフ(図太い、かわりもの)

f:id:orion_poke:20220603170931j:image

HB252D4(相手のメタモンに物理イベルタルをコピーされて、こちらのメタモンがいらなくなった時にA特化ダイジェット(ダブルウイング媒体)を高確率(87.5%)で耐えられるようにHB特化にした個体を使っていた)

 

へんしん

 

ザシアンに投げると強い。

ダイナのコスモパワー+積んだポケモンメタモンでコピーする動きが強い。

 

【最終結果】

TN orion

最高レート1910/最終レート1874(383位)

f:id:orion_poke:20220603172705j:image

f:id:orion_poke:20220603172713j:image

 

【宣伝】

Youtubeで動画投稿(主にポケモン)を行っているので良かったら見に来て下さい!

(チャンネル登録お願いします!)

orion - YouTube

 

Twitterもやってるので良かったらフォローどうぞ

@orion_poke

orion (@orion_poke) / Twitter

 

 

受けループのLINEオープンチャットもやってるので良かったら入って下さい!!

オープンチャット「【ポケモン剣盾】受けループ研究会」

https://line.me/ti/g2/2ABeM854KtdjUL5V312uvoF7ViwsPa6WnJS0Yw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【S29最高1923/最終1843(547位)】宇宙イベルダイナ

 

S29お疲れ様でした。ポケリーグとS29で使用した構築について書きます。前期と並びは同じです。

f:id:orion_poke:20220505152627p:imagef:id:orion_poke:20220505152631j:image

 

【コンセプト】

コスモパワームゲンダイナで相手を詰ませる展開を狙う

 

【構築紹介】

イベルタル@命の珠(ダークオーラ、意地っ張り)

f:id:orion_poke:20220505154428j:image

(ポケリーグはプレシャスボール個体)

 

AS252D4

 

うっぷんばらし(ふいうち)/ダブルウイング

はがねのつばさ/いわなだれ

 

【ダメージ計算】

・ダイアーク

無振りムゲンダイナを確定1発

 

・ダイジェット

無振りカイオーガ確定1発

無振りレヒレを87.5%で1発

 

・ダイスチル

H252振りバンギラスに87.9%〜104.3%(25%で1発)

無振りゼルネアスを確定1発

 

・ダイロック

H振りダイマホウオウを確定1発

 

ダイジェット+ダイロックで耐久無振りダイマイベルタルを珠ダメ1回込みで確定で倒せる

 

崩し枠兼黒バドに強い枠。

今期は4ウェポンで採用した。

前期は攻撃技3つ+挑発で使用していたが、挑発を打つ相手の1匹であるカバルドンがザシアンと組まれている場合が多く、カバルドンが初手にくる場合は初手にイベルタルを出して挑発をしなければならないが、ザシアンが来た場合にヌケニンに引いても相手がカバルドンに引いてくると砂ダメで倒れてしまう都合上カバザシ入りにヌケニンを投げるのは難しく、(ぼうじんゴーグルにして砂対策をしてもステロを撒かれてからヌケニンが交代してしまうと次出した時に倒れてしまう)カバザシに対して挑発が上手く機能しないと思っていわなだれに変更した。カバルドンの砂+ステロを考慮するとカバザシにヌケニンは投げにくい。

挑発を抜いた弊害としてダイウォールが出来なくなったが、あまり困らなかったので何とかなった。

初手イベルタルホウオウ対面でお互いダイマックスを切った時にダイロックで相手のダイマホウオウをワンパンするのが気持ちいい。

ダイジェット+ダイロック+相手の珠ダメ1回で相手の無振りダイマイベルタルを確実に倒せるのもグッドポイント。

ダイロックをすると相手のポケモンによっては砂ダメが入るので、襷持ちのアローラキュウコンを砂ダメ込みで1ターンで倒すことが出来るのが強い。

途中でうっぷんばらしを不意打ちにして使っていたが、ダイアークの威力が120になるのが嫌なのでうっぷんばらしにした。(最高レート達成時はうっぷんばらしで、ポケリーグでもうっぷんばらしを使用していた)

ザシアン意識でイカサマが欲しくなる時があったのでうっぷんばらしの枠はイカサマでもいいのかもしれない。

 

②ムゲンダイナ@くろいヘドロ(プレッシャー、図太い)

f:id:orion_poke:20220506175627j:image

H140 B228 S140

【調整意図】

HB→ B+0ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざん+B+1ムゲンダイナに対してA特化ザシアンのA+1きょじゅうざんをヘドロ回復込みで85.94%で耐え

S→最速サンダー抜き

 

ダイマックス砲/かえんほうしゃ

コスモパワー/じこさいせい

 

【ダメージ計算】

・臆病珠サンダー(C177)のダイジェットをD+1(コスモパワー1積み)状態でヘドロ回復込みで94.53%(256分の242)で耐え

・D+2で臆病C252振りムゲンダイナのダイマックス砲が確定3発

・D+1でC特化カイオーガれいとうビームが確定3発

・B+1でA特化珠イベルのダイジェット(35.1〜42.0%、ダブルウイング媒体)+ダイアーク(46.7〜55.3%)を確定耐え

→B+1で物理型珠ダイマイベルに対して回復が間に合う

・B+1で陽気A振りランドロス(A197)の地震が確定3発

かえんほうしゃで無振りザシアンを確定2発(50.2〜59.8%)

・コスモパワー1積み(B+1、D+1)で黒バドレックスの臆病C252振りアストラルビットとサイコショックが確定3発

 

今期も採用した。ポケリーグでもしっかり活躍してくれたポケモン

受けループは3匹のポケモンで相手の6匹を見なければならないので選出択になることがあるが、このポケモンは1匹で見れる範囲が広いので選出しておけば受けが安定しやすいのが優秀だった。コスモパワーを積むことによって物理特殊の両受けが可能になるからである。

剣の舞のないザシアンを急所に当たらない限り大体受けれるのが優秀すぎる。

 

③ラッキー@しんかのきせき(図太い、自然回復)

f:id:orion_poke:20220506180419j:image

(ポケリーグはA実数値10の個体)

 

BD252H4

 

ちきゅうなげ/でんじは

ステルスロック/タマゴうみ

 

【ダメージ計算】

C特化珠イベルタルの悪の波動媒体ダイアーク+D-1ラッキーに悪の波動媒体ダイアークを確定耐え

 

特殊受け枠。特殊受けの受けポケモンとしてホウオウがいるが、ハピナスラッキーがいないと裏の受けも含めてパワージェム持ちの珠ダイマディアルガに崩されてしまう為、高い特殊耐久と半分回復技を持つラッキーが特殊受けとして適任だと感じた。

ハピナスは進化の輝石の効果を受けられない都合上物理耐久がラッキーより低い為採用していない。

今期も地球投げタマゴうみ@2の枠を電磁波とステルスロックにしたが後述する試合を考慮すると改良の余地はある。

 

エアームド@オボンのみ(腕白、がんじょう)

f:id:orion_poke:20220506181203j:image

HB252D4

 

アイアンヘッド/ボディプレス

てっぺき/はねやすめ

 

ランド日ネクバンギラスゴリランダードサイドン等受け。

主に日ネク入りに選出した。

アイアンヘッドは殆ど使わなかったので他の技に変えてもいいかもしれない。

 

ヌケニン@きあいのタスキ(さみしがり、ふしぎなまもり)

f:id:orion_poke:20220506181446j:image

AS252

ポルターガイスト/かげうち

おにび/こらえる

ザシアンカイオーガヒレレジエレキゼルネアスラプラスジガルデ白バドレックス等受け。

 

ザシアンに後投げ可能なポケモン。襷による行動保証によりダイマターンを枯らしたり襷で1回耐えて相手のポケモンに鬼火を入れて行く動きが可能である。環境に多いザシアンやカイオーガを1匹で見れるのが強かった。

 

メタモン@こだわりスカーフ(図太い、かわりもの)

f:id:orion_poke:20220506182414j:image

HB252D4(相手のメタモンに物理イベルタルをコピーされて、こちらのメタモンがいらなくなった時にA特化ダイジェット(ダブルウイング媒体)を高確率(87.5%)で耐えられるようにHB特化にした個体を使っていた)

 

へんしん

 

初手ザシアンに対して投げると強いポケモン。(ただし裏にヌオーがいる場合は除く)

初手に投げて相手の技確認をしてから試合展開を考えていけるのも強かった。

ダイナのコスモパワーでザシアンに剣の舞をさせてから、それをコピーしに行く動きが強い。

 

【最終結果】

TN orion

最高レート1923/最終レート1843(547位)

f:id:orion_poke:20220506183031j:image

↑多分これが最高レートです
f:id:orion_poke:20220506183034j:image

 

【ポケリーグについて】

予選トーナメント6-1 予選8位

f:id:orion_poke:20220506183818j:image

 

決勝トーナメント 2回戦落ち ベスト16

f:id:orion_poke:20220506183857j:image

 

自分が0-2で負けてしまった本戦2回戦の対みたらしさん戦について書いていこうと思います。(みたらしさんに試合内容の公開について許可を得ています)

 

相手のパーティ

マリルリ

ガマゲロゲ

ゲンガー

日食ネクロズマ

ポリゴン2

ホウオウ

 

【1試合目】

こちらの選出

イベルタル(初手)

ムゲンダイナ

エアームド

 

・選出意図

①こちらのイベルタルいわなだれを持っていてホウオウをワンパン出来たら一気に有利になると思ったので初手にイベルタル

②ホウオウや他のポケモンを見れるムゲンダイナ

③相手の日食ネクロズマ対策としてエアームドは確定。

よってイベルダイナムドーで行くことにした。

 

相手の選出

ゲンガー(初手)

ポリゴン2

日食ネクロズマ

 

初手にイベルゲンガー対面が出来る所から始まった。こちらは相手の襷をケアしてダブルウイングを押した。すると相手はポリ2に引いてきて、ダメージが3割弱しか入らなかったのでHBポリ2だということが分かった。また、特性アナライズも判明した。

ダブルウイング+ダイアークで倒すことが出来ないので、一旦ムゲンダイナに引き、受けの体勢に入っていると、相手はポリ2を引き、今回の試合の勝敗を決める重要なポケモンである日食ネクロズマが出てきた。

こちらはそれに対応してエアームドを出したが、相手は瞑想をしてきた。

素早さは相手の方が速く、鉄壁を積みまくってボディプレスで突破しようと考えていたが、相手にダイマックスされてダイスチルを積まれて詰んでしまった。そしてさらに相手はアシストパワーと月の光を持っていた為、エアームドが起点にされてしまった。また、相手の日食ネクロズマがHBだったのでイベルタルでの処理が難しいことが分かった。

何とかアシストパワーを打つタイミングでイベルタルを投げることに成功したが、相手にダイスチルを3回打たれてしまっている状況で、相手の月の光の回復が間に合ってしまう状況だったので急所以外に勝ち筋がなかった。相手は月の光を押してきたため、急所を引けば勝てる試行回数が4回(多分)あったが、急所を引くことは出来なかった。悲しい。結果として負ける形となってしまった。

 

【2試合目】

こちらの選出

ムゲンダイナ

イベルタル

ヌケニン

 

・選出意図

イベルタル意識で初手にポリ2が来そうなのでとりあえず初手ムゲンダイナ。

②日食ネクロズマを倒す為にイベルタル

③日食ネクロズマダイマックスするタイミングで引いてダイマックスを枯らせるようにヌケニン。(メテオドライブがふしぎなまもりを貫通してしまうがダイスチルはヌケニンに無効なので)

 

相手の選出

ガマゲロゲ(初手)

日食ネクロズマ

ポリゴン2

 

相手のガマゲロゲが珠物理アタッカーであることを想定して動いたが、ステルスロックを撒かれて心が折れそうになった。(ヌケニンが襷なので)

イベルタルで相手の日食ネクロズマダイマックスを誘ってヌケニンダイマックスを枯らせば何とかなると思っていたが、そのプランがステルスロックによって潰されてしまった。

その後日ネクイベルタル対面を作ることは出来たが、イベルタルダイマックスを切ったターンに裏のポケモンに引かれてしまいダイマックスをいなされてしまった。

数的有利は取れていたので、TODに持ち込もうと思っていたが、コスモパワームゲンダイナでは日食ネクロズマのアシストパワーの威力上昇に対応出来ず、時間終了の前にムゲンダイナが突破されてこちらが降参して負ける形となった。

反省としては、瞑想アシパ日ネクへの対策が薄すぎたことで、みたらしさんの日ネクの型を構築記事で見たことで、4つの対策を思いついたのでこの構築を改良する場合は以下の要素のどれかは入れた方がいい。

①S93(準速ドサイドン抜き)のエアームドで上から挑発する(呑気想定)

(ボディプレス鉄壁挑発羽休め)

エアームドでふきとばしをする

イベルタルに羽休めを入れる(ただし相手の弱点保険を発動させてはいけない)

※HBのメテドラアシパ回復技積み技(瞑想)想定

④ラッキーに瞑想を入れる

0-2で負けたのは瞑想アシパ日ネク対策を薄くしてしまった結果であった。

 

またオフに参加する機会があればもっと上位を目指して頑張ります。

 

【宣伝】

Youtubeで動画投稿(主にポケモン)を行っているので良かったら見に来て下さい!

(チャンネル登録お願いします!)

orion - YouTube

 

Twitterもやってるので良かったらフォローどうぞ

@orion_poke

orion (@orion_poke) / Twitter

 

受けループのLINEオープンチャットもやってるので良かったら入って下さい!!

オープンチャット「【ポケモン剣盾】受けループ研究会」

https://line.me/ti/g2/2ABeM854KtdjUL5V312uvoF7ViwsPa6WnJS0Yw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default